磁石にくっつく金属の特徴とは?

磁石にくっつく金属として有名なのは鉄ですが、それ以外だとニッケルとコバルトも磁石にくっつくと言われていますよ。

磁石にくっつく金属は強磁性体という性質があり、電子が揃って同じ方向に向くため磁石にくっつくのです。

鉄は安く手に入るため現在流通している磁石にも用いられていて、二ッケルとコバル卜は白銀色の金属という特徴があり、どちらもメッキとしても使用されていて、二ッケルは磁石の素材の一部として使われる場合もありますよ。

昔使われていた日本の硬貨にはニッケルが含まれていたため、磁石にもくっついたのです。

鉄やニッケルやコバルトなどの金属が組み合わさって、合金として含まれている金属はより強い磁力を持ち、磁石にくっつく可能性が高いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る