金属の加工方法、溶断とは?

金属加工の方法の一つである溶断とは、どんな技術なのでしょうか?

溶断とは名前の通り溶かして切断するという加工方法であり、金属を加熱して切断させるのです。

溶断の方法にも種類があって、金属によって使い分ける事ができますよ。

ガス切断は酸素ガスなどの燃焼ガスを使って金属を切断する加工方法であり、アーク切断は電気によるアーク放電による熱を利用して金属を切断するため、ガス切断では加工が難しい金属に用いられています。

レーザーカッティングはレーザーの熱によって金属を切断し、コンピュータで情報を入れるため精度が優れていて、製造業でも用いられている方法ですよ。

ガソリン切断は名前の通りガソリンで金属を切断するので、ガス切断よりコスパが良いと言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る