ステンレスの特徴

ステンレスは私たちの生活に密着している身近な金属の一つです。
こうしたステンレスの金属製品の大きな特徴として推されているのが、錆びにくいということでしょう。
また、他の金属製品と比べてもメンテナンスがしやすく、建築材料、家電機器、厨房家庭用機器というように、幅広い分野で活躍しています。
成分の50%以上が鉄、その他はそれ以外の合金で出来ており、鉄が50%以下の場合はステンレスにはならずただの「合金」となります。

私たちの生活に使われる金属の代表はステンレスの他にも鉄、アルミがあります。
これらはパッと見ただけでは見分けることはちょっと難しいですが、簡単な方法でどれがどの金属で出来ているかを見分けることができます。
まず大まかに判断する為に、磁石にくっつくかどうかを確認しましょう。くっついた場合は鉄、くっつかなかった場合はステンレスかアルミとなります。

ステンレスとアルミは、アルミの方がステンレスよりも3分の1程度軽いので、重さで判断しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る