歯車を作る工程

精密な歯車は15世紀のヨーロッパで時計職人がつくりだしたといわれています。
歯車は力を伝え、速度を変える2つの役割をもっています。様々な歯車を組み合わせた自動車の変速機などで現在では歯車は乗り物や家電製品など多くの場所に組み込まれています。

歯車は歯の部分に大きな力が掛かりますので、丈夫である鋼が使用されます。

まずは、焼入れを行い、鋼の硬さをととのえます。800℃の炉の中で、約3時間加熱をおこないます。脂のなかにいれてゆっくりと冷やし、熱処理された材料を旋盤に取りつけ形を作ります。

反対側も削り形を整えて、できたものはブランクと呼ばれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る