色々な機械で使用されているバネは金属で作られていますが、今回は自動車のバネの加工過程についてご紹介いたします。

バネの材料として鋼線が使われており、車種によってバネの長さは異なると言われているため長さや大きさの様々な鋼線が運ばれます。

加熱機にて、950度の高温で加熱されて、コイリング機という機械で螺旋状に巻かれたら、硬度や強さをアップさせるために焼き入れの工程が行われて、油の中で冷却するのです。

50度まで冷やされたら、再び焼戻しという工程で450度に加熱され、粘り強さを得るのです。

水で冷やされたら、ショットピーニングと呼ばれる工程で金属の粒を打ち付けることにより、耐久性がある安定したバネを作ることができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る