金属のろう付け加工について

金属接合工法の一種である「ろう付け」は金属同士をくっつけるという大まかなところでは溶接と同じですが、細かいところで違いがあります。

金属接合で有名な加工法は溶接の方だと思いますが、溶接は母材を溶かしてしまいます。
一方でろう付けは、接合する母材より融点の低い材料を溶かして接着剤のような役割を持たせることで、母材を溶かさずに接合するという点が違います。

良く知られている「はんだ付け」もろう付けの中の一つの種類の工法です。
他にも「大気ろう付け」や「無酸化炉中ろう付け」など、ろう付け加工の中にも様々な種類が存在しています。

工法によって接合の強度が違ったり、完成時の見た目の綺麗さが違ったりするので、用途に合わせた方法を選ぶ必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る