金属を叩いて加工する鍛金

鍛金は金属を叩いて加工する金属工芸技法の1つで、絞り技法、打ち出し技法、鍛金技法の3種類があります。
伝統工芸としての仕事はもちろん、最近ではアートなどにも活かされる様になってきました。

金属と聞くと無機物で決まった型にしか加工できないような印象を受けますが、鍛金によって作られたアート作品を見てもらうと、躍動感に溢れた形や様々な色がバリエーション豊かに表現されています。

鍛金は簡単に説明すると、金槌で金属を叩き出す金工技法の一つです。
鍛金加工された金属は基本的に薄く・軽く、均一で丈夫な物になります。鍛冶屋さんが鉄を打っているあの姿・・・あれも鍛金の分野の一つです。
近年では溶接等の技術も発展している事から、様々な技術を組み合わせて今まで以上に自由な造形を可能としています。

鍛金のアート作品を見てみても、伝統に則った作品からオリジナリティを追究した現代的な作品まで、非常に多くの作品が作られている事が分かります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る