頑丈な鉄が一瞬で割れる実験

鉄は、金属の中でもとても頑丈な物であり、様々な製品で使われていますが、世界的に有名な昔の事故の原因でもあるのだそうです。

金槌を使って鉄の棒を叩く実験を行っていますが、通常の鉄の棒をたくさん叩いて、曲がることはあっても割れることはありません。

しかし、鉄の棒をマイナス200度の液体窒素に浸してから、金槌で叩いてみると、まるで軽い金属のように簡単に、一瞬で綺麗に真っ二つに割れてしまうのです。

昔は、冷たい海を航行していた船が突然、真っ二つに避けるという事故が相次いで発生し、有名なタイタニック号も同じように鉄が原因ではないかと言われています。

近年では、低音の海でも安全に航行できるように強度のある新しい材料が作られていますので、氷の海も恐れずに航行できるようになったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る