硬いのにしなやかな鉄

従来の超高強度鋼で真っ二つに割れてしまう衝撃でも、今回ご紹介する新開発の超高強度鋼では真っ二つに割れることは無く、力の向きに応じて裂け目が伸びるだけで貫通することはありません。
その様子がまるで中に繊維があるように見えることから、「竹のようにしなやかな鉄」として注目を浴びているのです。

このしなやかさは鉄を加工する時の温度に秘密があり、鉄を伸ばす時に500℃の中間温度で行なうことで、金属の中の組織を極細の繊維状に伸ばします。
この繊維が硬くて柔らかい秘密で、引っぱる力に対しても強い強度を誇ることが確認されています。

今までの鉄ではボルトが突然折れてしまうということがありましたが、この新開発の超高強度鋼では徐々に劣化が目に見えるようになっているため、突然折れてしまうことが無く安全です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る