色んな金属で電池を作る

食酢と様々な金属を使うことで電池の役割を期待することが出来ます。

まず電子メロディを付属のプラスチック容器に入れ、赤と黒の導線を出した状態で蓋を閉めてください。
乾電池を用意して導線の赤を電池のプラス側、黒をマイナス側に繋いでメロディが流れることを確認したら外します。

続いて段ボールを下に敷いて、キャップの付いたケースの蓋に1.5cmの切り込みを平行に入れたものを3つ用意します。
続いて銅板、アルミ板、鉄板の両面をヤスリで磨いていったら、先ほど切り込みを入れたケースの蓋にそれぞれの板を2枚ずつ差し込んで、食酢の入ったケースに蓋をしましょう。

あとはそれぞれの金属片をみの虫クリップで繋いでいって電子メロディが流れるか試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る