カテゴリー:金属加工情報

  • 針金をペンチで締めても切れないコツ

    何かを束ねたりする時には結束バンドがとても便利ですが、場合によっては結束バンドだと物足りないこともあります。 そんな時にさらに使えるのが針金です。ただ、針金をペンチでキツく締めすぎてしまうと切れてしまうという経験は多く…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鋼を加工してバネを作る

    色々な機械で使用されているバネは金属で作られていますが、今回は自動車のバネの加工過程についてご紹介いたします。 バネの材料として鋼線が使われており、車種によってバネの長さは異なると言われているため長さや大きさの様々…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属のろう付け加工について

    金属接合工法の一種である「ろう付け」は金属同士をくっつけるという大まかなところでは溶接と同じですが、細かいところで違いがあります。 金属接合で有名な加工法は溶接の方だと思いますが、溶接は母材を溶かしてしまいます。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属を叩いて加工する鍛金

    鍛金は金属を叩いて加工する金属工芸技法の1つで、絞り技法、打ち出し技法、鍛金技法の3種類があります。 伝統工芸としての仕事はもちろん、最近ではアートなどにも活かされる様になってきました。 金属と聞くと無機物で決ま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属の腐食とは

    金属は、空気中の酸素や水と反応することにより、錆びたり腐食してしまうと、形が変形したり強度が落ちて品質が低下してしまいますので注意が必要ですよ。 メッキとは金属が錆びるのを防ぐために、金属の表面にコーティングするこ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属の美しさを作る技術とは

    金属によってはサビつきやすい性質を持つ物がありますが、機械など身近な所で使われる金属はいつまでも綺麗な状態で使いたいですね。 電気メッキとは電気エネルギーにより、化学反応を利用して金属のサビを防ぐという方法ですが、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属の切りくずの種類

    金属の切りくずは外径、回転速度、送り速度、切込量の違いで変化します。 例えば同じ荒削り加工でも、回転数を460rpm、送り速度を0.31mm/rev、切込量を2mm、外径をφ57に設定した際の切りくずは丸みを帯びた…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ステンレス板の深曲げ加工方法

    今回はステンレス板の深曲げ加工の方法をご紹介したいと思います。 まず、1工程目は通常通り、バックゲージにステンレス板が弛まないように注意しつつ当てていきます。 この状態でグッと折り曲げたら、反対側も同じように弛みに注…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属3Dプリンター最大のメリット

    金属3Dプリンターの最大の特徴は、直接図面から物を作れるという点です。 通常は材料を購入したり、その材料を適切な形に削ったりという手間とコストが発生し、一品一様の物だと納期も2ヶ月程度必要なことは珍しくありません。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ステンレスで作るオリジナルキーホルダー

    アルファベットや数字のステンレススタンプを使って、ステンレスの薄板にその好きなアルファベットを刻印し、オリジナルキーホルダーを作っていきます。 金属専用の打ち付け台の上にステンレスの薄板を乗せ、刻印したい文字のステ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る